PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

パレートの法則

皆さんこんにちは!

学生のためのビジネスコンテストKING2010実行委員会、早稲田大学社会科学部の川崎です。

ビジネス用語コラム第5回目です。
今回のテーマはパレートの法則です。

パレートの法則とは…

イタリアの経済(社会)学者ヴィルフレート・パレートが提唱した法則のことです。2:8の法則・80対20の法則とも呼ばれています。具体的な例として、
●社会の富の80%は全体の20%の富裕層が独占している。
●売り上げの80%は20%の顧客による。
●企業内で80%の売り上げを支えているのは20%のスタッフである。
などの例が挙げられます。
蟻を使った実験で、一生懸命働いてるのは全体の20%だけであり、次にその20%だけを別グループにしたところ、今度はその中の80%がさぼりだした、という結果が表れています。
このような、ビジネスで用いられる知識やフレームワークは抽象化することで私たちの実生活にも応用することが可能です。

今回のパレートの法則から読み取れる活用例とはどのようなものでしょうか。

それは、母集団の中で強い影響を与えたり、大きな役割を占めるのは僅かなでしかないということです。

例えば、商品の品質管理の分野で重点的に改良すべきものを重要なものから順番に10項目あげた場合、まず、その最上位の2つの項目だけを改良します。すると、全体の80%を改良したのと同等の結果が期待できるというものです。

重要なのは、母集団の中の本質を見抜くこと、優先順位づけを的確に行うことなのです。
私たちの実生活をより良いものに改善するためには、まず始めに、自分自身への問題意識の優先順位づけが重要になるのではないでしょうか。


それでは、次回更新もお楽しみに!


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| Written by 川崎 | 19:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://king2010.blog89.fc2.com/tb.php/99-f7505f2f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。