PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

経営戦略#1

皆さんこんにちは!

学生のためのビジネスコンテストKING2010実行委員、慶應義塾大学総合政策学部1年松下悠史です。

今回からは経営戦略についてご紹介していきたいと思います。

経営戦略とは・・・
「経営の目的を、競争優位を確立して、持続的に達成できる施策群」のことです。
ならば、①経営の視点を明確にし、②目的をしっかり設定し、③競争優位に立ち、④リアリティのある戦略を立てることが必要です。
さらに、施策群とあるように⑤実際に一人一人のアクションに繋がっていかなければなりません。

そんな「経営戦略」ですが、実際に戦略を立てるのは皆さんです。
ここでは、その一助になることを願って様々な概念をご紹介いたします。

今日ご紹介するのは経営戦略の核となる概念である「競争優位」について。
どうしたら「競争優位」を確立できるのか。
という質問に答えるのが経営戦略であるとも言えるほど、「競争優位」の概念は大事です。

対立概念である「競争均衡」を紹介しながら「競争優位」を説明します。
市場経済において、企業が生み出す経済的価値は、企業間の競争が貫徹される結果、投資家を満足させる最低限の水準に落ち着きます。

この結果、企業のリターンは定量的目標の下限値である資本コストの水準に行きつきます。
このように、ある企業の行動が経済的価値を生み出しているが、他の企業も同じような行動を取り、競争が貫徹される場合に、その企業は「競争均衡」のポジションにあるといいます。
反対に、ある企業の行動が経済的価値を生みだしているが、同じような行動を取っている企業がほとんどいない場合に、その企業は「競争優位」のポジションにあるといいます。
つまり、他の企業がやっていない経済活動をすることが、競争優位に繋がっていくわけです。

「競争優位」に立つ。
これは企業だけにしか通用しない概念ではありません。
一個人として周りに埋もれないために必要不可欠な考えです。
次回は、どうしたら競争優位に立てるのか、ということをご紹介いたします。

それでは次回もお楽しみに。

この記事は「経営戦略」ライトワークスを参考・引用させていただきました。


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| KING2009活動記録 | 19:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://king2010.blog89.fc2.com/tb.php/93-b9a6a077

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。