PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

ブルー・オーシャン戦略

皆さんこんにちは!

学生のためのビジネスコンテストKING2010実行委員会の副実行委員長兼外務統括責任者、早稲田大学社会科学部の川崎です。

ビジネス用語コラム第3回目。
今回取り上げるテーマは「ブルー・オーシャン戦略」です。

ブルー・オーシャン戦略とは…


フランスの欧州経営大学院教授のW・チャン・キムとレネ・モボルニュにより2005年2月に発表された著書『ブルー・オーシャン戦略』により提唱された戦略のことです。

競争の激しい既存市場を「レッド・オーシャン(赤い海、血で血を洗う競争の激しい領域)とし、競争がない未開拓市場で、まだ生まれていない無限の可能性を秘めた未知の市場空間を「ブルー・オーシャン(青い海、競合相手のいない領域)」と言います。

この競争とは無縁の「ブルー・オーシャン」という新しい価値市場を創造し、ユーザーに高付加価値を低コストで提供することで、利潤の最大化を実現するというのが、この戦略の狙いです。


日本における実証例としては任天堂「Wii」の開発戦略が挙げられます。成熟市場かつ高機能化競争が巻き起こっていたゲーム業界。「プレイステーション3」(ソニー)や「XBOX360」(マイクロソフト)など、次々と高機能を備えた新商品が開発されるのを横目に、任天堂は女性や高齢者、家族といった対象をターゲットとしました。これまで、ゲーム業界においてコアターゲットとなり得なかった“ゲーム慣れをしていない”ユーザーに「Wiiリモコン」などの新機軸で高付加価値を提供することに成功したのです。


学生にとって、このブルー・オーシャン戦略を応用することは、ビジネスチャンスを切り開く突破口となり得るはずです。もし興味を持っていただけましたら、関連本をぜひご一読してみてはいかがでしょうか?

それでは次回もお楽しみに!


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| KING2009活動記録 | 19:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://king2010.blog89.fc2.com/tb.php/83-6ff093eb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。