PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

学生のためのビジネスコンテストKING2009 ビジネスマナーコラムvol.1

みなさん、はじめまして。

KING2009一年目、早稲田大学社会科学部1年の川崎龍吾と申します。

本日は知っていそうで、意外と知らないビジネスマナーについて、みなさんにご紹介させていただきたいと思います。


実際にKINGでも渉外活動において、企業を訪問し社会人の方とお話しさせていただく機会が多くあります。


その際に身に付けておかなければならないのが、社会人同士では当たり前のビジネスマナーです。

まずは、挨拶におけるビジネスマナーについてご紹介いたします。


話の内容  7%
聴覚    38%
視覚    55%


この数字は何の割合を示したデータかわかりますか?


この数値は【人の第一印象】を決める要素を分析したデータです。このデータから読み取れるのは、第一印象というのは、相手から見たあなたの表情・態度・姿勢などで決定されてしまうということです。


そしてこれらの要素を全て含んだ行為こそ挨拶です。第一印象を決定づける際に最も大きな要因となるのが挨拶なのです。

秘訣は先手必勝。こちらから先に挨拶しましょう。


またその際に基本的な挨拶用語をきちんと身につけておく必要があります。

以下明日から使える代表的な挨拶の例です。

《朝一番やお迎えするとき》
『おはようございます。』

《話しかけるとき》
-仕事中の場合なら
『お仕事中失礼いたします。』

-わかりました 
『はい、承知いたしました』
『はい、かしこまりました。』

-仕事を終えるときは
『お先に失礼いたします。』


今回、例に挙げたのはほんの一例です。もし興味をもっていただけましたら、自分でどのようなビジネスマナーがあるのか調べてみるのも面白いかもしれませんね。

ちなみに、上記のデータ等は『未来塾プロジェクト2007春 ビジネスマナー講習』より引用させていただきました。


それでは本日はこれで失礼します。






※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| KING2009活動記録 | 00:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://king2010.blog89.fc2.com/tb.php/44-c88632f1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。