PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

マクドナルドとビジネス

こんにちは!
学生のためのビジネスコンテストKING2010実行委員の土方貴文です。

先日はsoftbankについてお話ししましたが、
今回、焦点を当てるのは「マクドナルド」です。

マクドナルドホールディングズが発表した2010年6月連結中間決算は
全店売上高が前年同期比2・9%増の2682億円、営業利益は51・8%増の146億円となり
いずれも過去最高記録を更新しました。

店舗数は外食産業で世界一であり、シェアを拡大し続けるマクドナルドですが、
そのビジネスモデルは他の多くのファーストフードチェーンと若干異なります。

経営戦略の視点から見てみると、フランチャイズという言葉が浮かびあがってきます。
通常通り、特許料金・供給品・販売のパーセンテージに加えて、賃貸料を徴収します。
フランチャイズ契約の条件として、
ほとんどのマクドナルド店舗は不動産をマクドナルドコーポレーションが所有し、
フランチャイズ会社は売り上げの一部を賃貸料としてマクドナルドコーポレーションに支払います。

一方、マーケティングの視点から見てみると、面白いのは100円マックです。
個人的に100円マックは利益を目的としているのではなく、
マクドナルドを身近に感じさせるという一種のブランディング戦略に見えます。
もちろん一緒に他の商品を買わせることによって利潤を生み出すという役割も大きいですが、
マクドナルドが日本中に浸透している主な理由はここにあると思います。

またマクドナルドは徹底的な省力化・効率化を行っています。
これは、多くのファーストフードチェーンの見本となりました。

社会学では「社会のマクドナルド化」という言葉があり、
計算・予測可能性、生産性、効率性の点で人間の技能を機械に置き換えて合理化する
といった意味を持ちます。
この画期的なシステムは世界中の様々なシステムに組み込まれるようになってきたのです。
「マクドナルド化」は、今や全地球上の地理的領域や社会生活の様々な領域に
その触手を伸ばし続けています。

マックよりもおいしいハンバーガーはたくさんあるけど、
マックよりも売れるハンバーガーはない


おそらくこれからもマクドナルドは業界トップを走り続けるでしょう。


同じくビジネスコンテストで業界トップを走り続けているKING2010。
その7泊8日の集大成を見れるのが8月29日(日)の決勝プレゼンテーションです。

学生達が試行錯誤して練ったビジネスプラン。
ぜひ迫力あるプレゼンテーションを通して
学生の価値というものを間近な距離で体感してみてはいかがでしょうか。

決勝プレゼンテーション観覧のお申し込み・詳細はこちらから。
決勝プレゼンテーション観覧のお知らせ

それでは次回の記事もお楽しみに。
よかったら下の「学生ブログRANKING」をクリックして投票お願いします。


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| Written by 土方 | 20:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://king2010.blog89.fc2.com/tb.php/214-9afd0c40

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。