PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

夏フェスの経済効果

皆さんこんにちは!
KINGブログ初登場の明治大学商学部1年の池田匠汰です。

今回は学生の皆さんも1度は参加したことがあるかもしれない
イベントについて書いてみたいと思います。
それは、近年夏の風物詩となりつつある野外ロックフェスティバル、
通称「夏フェス」

1997年にFUJI ROCK FESTIVALが開催されたのをキッカケに
サマーソニックや、ROCK IN JAPAN FESTIVALなどの野外ロックフェスティバルが
若者の間で夏の定番イベントとして広まっていきました。

音楽業界においてCD売り上げが減少しているのは皆さんご存じ
だとは思いますが、一方でライブ市場は拡大しています。
国内のライブ市場は2001年に市場規模約600億円、
観客動員数2250万人以下だったものが2006年には市場規模約1500億円、
観客動員数2400何人以上となり、「CDで聴くよりも、ライブ空間を楽しみたい」
という新たなニーズが現れています。

このような音楽業界の状況に加えて、夏フェスはアーティスト1組の
出演時間が短かさなどの面からコストを抑えて豪華なタイムテーブルを
組むことが出来るため、様々なフェスが生まれてくることとなりました。


では夏フェスを経済効果の面から見てみます。
例えばFUJI ROCK FESTIVAL06では日本でも有名な洋楽バンド、
レッド・ホット・チリ・ペッパーズや若者に人気の高い
ASIAN KUNG-FU GENERATIONなどが出演していました。
この年は入場者約11万4000人、ミュージシャン約1000人動員で
直接的需要額は33億400万円であり、さらに新潟県への経済波及効果は
38億6500万円のものぼりました。
FUJI ROCK参加者は県外からも多く集まるため、その行き帰りの交通費や
食事における経済効果まで含めるとその効果は計りしれません。


現在では地方の地域活性化や環境問題をメインテーマに
掲げた夏フェスが打たれるなどその形はますます多様化されていっています。
逆にいえば、ニーズを満たさない夏フェスは沙汰されていくともいえます。
夏フェスに参加中、ふとした時に
「参加者を引きつけるため、どんな工夫がされているだろう。」
と考えてみるのも面白いかもしれません。


そして、夏のイベントの締めくくりとして8月29日に行われる
KING2010の決勝プレゼンテーションの観覧にぜひお越しください。
学生たちによる「ビジネス」という名の熱いライブ!!
このフェスティバルをあなた自身の肌で感じてみませんか?
詳しくはこちらから
http://king2010.blog89.fc2.com/blog-entry-209.html


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| Written by 池田 | 19:43 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://king2010.blog89.fc2.com/tb.php/211-b1a714ca

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。