PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

渉外局長インタビュー

皆さんこんにちは!
学生のためのビジネスコンテストKING2010実行委員、
慶應義塾大学文学部の石田珠実礼です。


猛暑が続いていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
この暑さで夏バテ気味の方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも一方で、気温上昇を喜ぶ企業もたくさんあります。
ビール業界では、気温が1度上昇するとビールの消費量は
大瓶で数百万本も増えるという試算があるそうです。

人々の不満はニーズの源泉であり、ニーズが多様化する現代だからこそ、
様々な企業が様々な戦略を練ってビジネスに挑んでいるんですね。

さて今日は、KINGスタッフにインタビュー第9弾!!
インタビュー企画のラストを飾るのは、様々な企業を訪問し、
人材面や資金面でKING2010を支える渉外局の局長、平野群です!


それではスタート!

---こんにちは!

こんにちは!


---まず始めに簡単な自己紹介をお願いします。

KING2010実行委員会におきまして渉外局長を務めています、
上智大学法学部二年の平野群です。


---渉外局はどのような仕事をしているのですか?

まず、KINGは規模が大きく、コンテストの運営には莫大な資金が必要です。
その資金を獲得してくることが渉外局の主な役割です。
あとは、セミナー講師やコンサルタント、審査員の方々をお呼びすることや、
優勝賞品等の物品を獲得してくる役割も渉外局が担っています。


---社会人の方と関わる機会が多いと思いますが、その際どのような刺激を受けますか?

そうですね。
社会人の方々は私たち学生より多くの経験を積んでいるので、
1つの物事を俯瞰して考えられている方が多いです。
そういった方々は学生の私たちにはない視点でビジコンの意義などを語ってくださいます。
また、学生時代にやっておいた方が良かったことなどもよく語ってくださいますね。
そのようなお話を学生のうちから聞くことが出来るのは非常
に良い経験だと思いますし、とても刺激になります。


---平野さんにとってのKINGを一言で表すと?

自分のアイデンティティですかね。
いまの自分からKINGを取ったらほとんどなにも残らない気がします(笑)


---そんなKINGへの愛を一言で表すと?

150kmのストレート。
KINGの仕事やミーティングには常に全力で取り組んでいます!


---去年のコンテストでの素敵な思い出を教えてください。

去年はケースチェッカーという、チームの人が作成するプランをよりよいものに
するためにブラッシュアップを行ったり、参加者の体調管理をするチーム専属の
スタッフだったのですが、決勝プレゼンテーションの前夜にチームの人から
君がケースチェッカーで良かった!」といった感謝の言葉を頂いたのは本当に
嬉しかったですね。
当時は一年生だったし、自分は経営学部でもなかったので、
コンテスト本番前まではチームの役に立てるか不安だったので。
そのとき初めて役に立てたと実感できました。
しかし同時に、これでこのチームのケースチェッカーとしての役目も
終わりなんだと思うと込み上げてくるものはありましたね。


---最後に「勢いで笑いをとりにいく」と豪語する平野さん、
  ブログ読者の皆さんに面白いメッセージをお願いします!


KING2010では読者の皆様がいままでに経験してきた
どの夏よりも熱い夏を用意しております!

あの、初恋の夏。
2人で手をつないで、いろんなところにでかけた…あの夏。
一緒に歩いているだけで、胸がドキドキした…。

なんて夏よりも遥かに熱い夏になること必至です!
くれぐれも火傷には注意してください!
ごめんなさい、面白いこと言えてないですね(笑)



平野さん、ありがとうございました。


学生の私たちが社会人の方から多くの刺激を受けることができるのは、
平野さんの回答にあったように、学生と社会人の方では「視点」が違うからだと思います。
ここで思いつくのは「星の王子さま」(サン=テグジュペリ著)という一冊。

ボア(うわばみのこと)がゾウを丸飲みしたところを描いた絵は有名ですね。
でも大人はみんな、その絵を「帽子」だと言いました。

作中でキツネは王子さまに言いました。
いちばんたいせつなことは、目に見えない」と。

20歳という大きな節目を前に私が思うのは
視野の広い人間でありたいということ。
1つの物事を様々な視点から見たいということ。
そして、目に見えないものにも気づきたいということ。

計9回のスタッフインタビューで、多くの人がKINGの魅力として
「いろんな人との出会い」
それによる「視野の広がり」を挙げていました。

多くの人と出会い、多くの視点を獲得し、自分の視野を広げる。
その繰り返しが表面化していないものに気づくことにつながるような気がします。

王子さまが花やキツネ、いろんな星の人との出会いを通して
「たいせつなこと」に気づいたのと同じですね。

KING2010という空間がビジネススキル向上の場・己の限界に挑戦する場である
とともに、有意義な出会いの場・視野を広げる場となることを願っています。

また、観覧者の皆さまにも魅力的な場となることは間違いありません。
ご家族、ご友人とお誘い合わせのうえ、
ぜひ8月29日(日)の決勝プレゼンテーションにお越しください!
近日中に応募フォームをWebサイトに設置する予定です。


それでは、次回の記事もお楽しみに!



※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| Written by 石田 | 18:29 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://king2010.blog89.fc2.com/tb.php/204-5980d312

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。