PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

運営局長インタビュー

皆さんこんにちは!
学生のためのビジネスコンテストKING2010実行委員、
慶應義塾大学文学部の石田珠実礼です。


時が経つのは早いもので、7月も残すところ10日ほどですね。
コンテスト開幕までは約1カ月です。
私も含めスタッフは、DAY0からDAY7までの毎日をイメージし、
わくわくしつつも作業の確認に追われる日々を送っています。
1週間という長丁場のコンテストを運営するには、
緻密な計画が不可欠なのです。

さて今日は、KINGスタッフにインタビュー第8弾!!
コンテスト運営の要である運営局長、小松慶太にインタビューしたいと思います!

それでは、スタート!


---こんにちは!

こんにちは!!!!


---まず始めに簡単な自己紹介をお願いします

KING2010運営局長の小松慶太です。
所属は東京大学理学部生物情報科学科です。


---運営局はどのような仕事をしているのですか?

コンテストにおいて、事前にヒト・モノの動きを計画し、
当日はその指揮をすることで、コンテストの円滑な進行を担っています。


---運営局の仕事で一番大変に感じるのはどのようなところですか?

約50人いるスタッフにそれぞれ適切な情報を伝える事です。
運営は、いくら十分に計画されていたとしても、
実行するスタッフにそれが伝わらなければ意味がないからです。


---小松さんにとってKINGとは?

自分を磨く事のできる空間です。
常にそういう環境を目指し続けたいなと思っています。


続いて、今年の選考課題のテーマである「やすらぎ」にちなんだ質問をしてみましょう。


---小松さんはどんな時に安らぎを感じますか?

その日にやるべき事を全て終わらせて、布団に入った瞬間です。


---では、どのような場所に行くとやすらぎますか?

隣の学科の控室です。多くの貴重な本や機器に囲まれて実験の待ち時
間が有意義なものとなっています。


---最後に、コンテストへの想いを一言お願いします。

参加者の皆様には、20年後30年後に参加して良かったと思えるコンテスト
を提供します。
楽しみにしていてください。



小松さん、ありがとうございました。


回答にもあったように、運営局スタッフが適切な情報を伝えてくれる
おかげで、KINGという組識はうまく機能しています。
ここで思い浮かぶのは『組織力』(高橋伸夫著)という一冊。

「経営の本質とは、一人ひとりでは突破できない難関を、
 みんなでなんとか切り抜けることにある」

という言葉で始まるこの本は

組織力を宿す
組織力を紡ぐ
組織力を磨く
組織力を繋ぐ

の4部構成になっており、具体例や例え話を盛り込みつつ
組織のあるべき姿を教えてくれます。

著者が東京大学大学院経済学研究科教授ということもあって
ビジネス寄りの内容なので、KINGブログ読者の皆さんは特に楽しんで
いただけるのではないでしょうか。

コンテスト準備も本番も、KINGスタッフは「みんなで」協力し、全力で取り組んでいます。
8月29日(日)には決勝プレゼンテーションが行われますので、KINGの
「組織力」が生み出す最高のコンテストを是非ご覧ください。
近日中にWEBサイトに観覧の応募フォームを設置する予定です。
お持ちしております。


KINGスタッフインタビュー企画は次が最終回となります。
ラストを飾るのは誰なのか…乞うご期待!!


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| Written by 石田 | 19:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://king2010.blog89.fc2.com/tb.php/202-0dbffaa2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。