PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

演出局長インタビュー

皆さんこんにちは!
学生のためのビジネスコンテストKING2010実行委員、
慶應義塾大学文学部の石田珠実礼です。


応募期間も終了し、コンテスト本番が近付いてきましたね。
選考課題を解いてくださった皆さん、本当にお疲れ様でした。
その選抜を見事勝ち抜いた120人の精鋭達が、KING2010という
非日常的かつ最も熱い空間に集うわけですが、その空間を作りあげる際、
大きな役割を担うのが演出局です。

そこで今日は、KINGスタッフにインタビュー第4弾!
KING2010演出局局長、橋本恵にインタビューしたいと思います。


それではスタート!


---こんにちは!

こんにちは。


---まず始めに簡単な自己紹介をお願いします。

KING2010演出局長をしています。
お茶の水女子大学理学部生物学科2年の橋本恵です。よろしくお願いします。


---演出局はどのような仕事をしているのですか?

主にグラフィックやムービーを制作しています。
また、これらを利用してイベントの雰囲気をつくりあげていくのも
演出局の仕事です。
「学生のためのビジネスコンテストKING2010」
に華を添えるような役割です。


---今年のコンテストでは参加者の皆さんをどのような世界誘ってくれるのでしょう?

それは、参加される方、観覧される方だけが味わうことのできる、
お楽しみということで!


---橋本さんにとってKINGはどのような場所ですか?

わたしの視野を広げてくれる場所です。
理学部は興味のあることだけに、とことんのめり込む世界なので、
ある意味で社会から閉ざされた空間です。
なので、社会に関わるKINGのおかげで様々な方向から物事を
考えられるようになりました。


では次に、橋本さんの好きなものを聞いてみましょう!


---好きな映画、オススメの映画はありますか?

『千と千尋の神隠し』
これを見ると、頑張ろうって思います。


---生物学科ということですが、好きな生き物を教えてください。

動物門ごとにアメフラシやシャチなど好きな生物がいるんですけど、
最近はやっぱりショウジョウバエと接する機会が多いので、
赤眼正常翅の野生型ショウジョウバエです。


--この夏、KING2010という魅力的な空間に集うみなさんに向けて一言お願いします!

KING2010は確実に7泊8日間で大きく成長できるコンテストです。
その成長のお手伝いができるように、全力で頑張ります。
夏に会えるのを楽しみにしています!


橋本さん、ありがとうございました。


ショウジョウバエがお好きなんですね。
虫全般を苦手とする私には驚きの答えでした!
そして、そんな答えを見て頭に思い浮かぶのは福岡伸一さんの
『生物と無生物のあいだ』という一冊。

「ページをめくる手がとまらない極上の科学ミステリー」と紹介されるこの本は、
「生命とはなにか]という問いを「動的平衡」という概念を
用いて明らかにしていきます。
先日、紹介した『フェルマーの最終定理』と同様にエッセイ調で
理系・文系問わず楽しめる一冊です。

理系・文系を問わないと言えば、KINGのコンテストも同様ですね。
出身・性別・学校・学年・学部を問わず、ひとつのケース課題に
全員全力で取り組みます。
所属や得意分野の異なる人が集まるからこそ、視野が広がり、
新たな発想が生まれることでしょう。

今まで出会ったことのないような方々との出会いをスタッフ一同
楽しみにしておりますし、KING2010を通して、参加者の皆さんにも
そんな出会いをしていただければと思います。


それでは、インタビュー第5弾もお楽しみに!


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| Written by 石田 | 19:49 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://king2010.blog89.fc2.com/tb.php/191-6e3abde2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。