PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

バンクーバー五輪


皆さんこんにちは!

学生のためのビジネスコンテストKING2010広報局、早稲田大学理工学部1年の辛奉燮です。


バンクーバー五輪が閉幕しました。今回の大会で、日本のメダルは、銀3個、銅2個で計5個でしたね。

一方、同じアジア勢の中国は、金5個、銀2個、銅4個で計11個、韓国は金6個、銀6個、銅2個で計14個でした。
ソルトレーク五輪までは、メダル数は似たり寄ったりでした。しかし、トリノ五輪から、中国、韓国に差をつけられてしまっています。

なぜ、こんなにも差が開いてしまったのでしょうか。

その差として、挙げられているのは、資金の差です。今回もっとも多くの金メダルを獲得したカナダの強化用資金は5年間で、約100億円。
一方日本の育成強化資金は、1年で約4億円しかありません。

同じアジア勢でも、中国や、韓国ももちろん多額の資金を五輪強化資金として使っています。日本では、代表選手はその選手が所属している企業から給料もらいますが、中国や、韓国では、代表選手になると、国からも給料をもらえるんです。

このように、五輪の結果を見ても、その国のお金がどのくらいスポーツに使われているのがわかってきたりもします。もちろん、100%順番通りではないですけどね。

それでは、次回もお楽しみに!


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| Written by 辛 | 19:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://king2010.blog89.fc2.com/tb.php/144-5100b5f1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。