PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

参加者インタビュー #3

みなさんこんにちは!

学生のためのビジネスコンテストKING2010渉外局、東京工業大学工学部2年の大貫亜弓です。
温かい日も多くなり、春が近づいてきたと感じることが多くなってきましたね。そろそろ新入生のみなさんと会えると思うととても楽しみです♪是非、遊びに来てくださいね。


―――今回はKING2009参加者で、Aチームの久保村眞祐さんにインタビューをさせていただきます。よろしくお願いします。
よろしくお願いします。

―――それではさっそくKING参加前のことについてお聞きいたします。KING参加前のKNGのイメージを教えてください。

楽しく勉強できそうだな、というイメージから入りました。他大の方との交流ができそうですし、合宿形式も目新しく惹かれました。グループのメンバーが初対面ということで少し不安ではありましたけど。
プラン策定は、実際のコンテストでやったほど詰めるとは思っていませんでした!私は経営学部でビジネスプランの作り方も勉強していましたから、事前に送っていただいた冊子の内容は全て読まなくても理解できたんです。この調子なら頑張れば乗り切れるんじゃないかな、という考えでした。少し考えが甘かったですね(笑)
応募前にパンフレットやwebサイトも見たんです。去年の参加者の方のお話で、『単純に楽しそうで応募しました』とあったのを見て、そんなスタンスで応募していいんだと安心して応募した結果です。実際のKINGを目の当たりにして驚きました(笑)
社会人の方からのコンサルもあそこまできついとは思っていなかったです。でもいい経験になりました。

――――ではKINGの七泊八日間の感想はどのようなものでしたか?

私が経験してきた中で、一番ギリギリな生活でした。生理的にもですし、精神的にも。あれほど一生懸命頭をつかったことはなかったと思います!ただ言葉では表せないほどの充実感も同時に味わえましたよ。
このままじゃいけない!って思わされたのがすごく印象的です。勉強もそれなりにしているつもりだったのですが、これまで自分がしてきた勉強があまりに表面的で、身についておらず、実践できないということにプラン策定を通じて気づいたんです。

精神面では、4日目が本当に追い込まれていました。プラン策定は受け身で自発的に考えられていなかったし、全然チームの役に立てていない、知識が全く活かせない、というプレッシャーからひどく自己嫌悪でした。コンテストから逃げたい!って思ったこともあるほど落ち込んだんです。でも私がラッキーだったのは、チームの人たちがすごく支えてくれていたことですね。
自分の中で、考えがより論理的になっていると感じたり、プランの作り方がなんとなくわかり始めて、自分の成長を実感できだしたのが5・6日目でしたね。5日目からは充実していたと思います。

―――――5日目から自分に自信を持ってプランが策定できたのは、チームメンバーの対応の変化からだと思いますか?それとも、自分が変わったからだと思いますか?

私が変わったんだと思います。チームのメンバーは初めから親身に私を支えてくれていたので。3・4日たつと仲良くなれるじゃないですか。自分がチームの足を引っ張っているようじ感じ悩んでいる、と伝えられるようになったんです。その時チームのメンバーが、そんなことは問題ではないよ、自分たちが周りが見えなくなくなってプランを作っていっている時にするどく指摘してくれ、チームの冷静な視点になってくれているよ、チームに必要だよ、と言ってくれたんです。何でも相談できる関係になれたメンバーにはとても助けられました。

――――一番楽しかったのはどんな時ですか?

今振り返ると議論をしているときが楽しかったと思いますね。コンテストの最中はプラン策定に必死で、時間にも追われていましたし楽しむ余裕はありませんでしたけど(笑)
今までにないくらい、KINGに取り組んでいた時間が充実していたと感じています。
社会人の方にプランを叩いていただくと、私たちとは全然違う視点で指摘していただけますよね。自分たちでもプランはつめるんですがそこはスルーされてしまって、思いもよらないところをつっこまれてしまって唖然とすることもありました。実際のビジネスではどうなのか、という話もしていただけて。


――――では逆に一番つらかったのはどんな時ですか?

自分の力不足・勉強不足を痛感したことですね。もっと本を読んでおけば、授業を聞いていれば、と後悔ばかりしました。

――――KINGで得たことはありますか?何かを得たという実感は?
たくさんある中でも一番は、仲間ですね。ビジネスコンテストに出て得たものが仲間というのも変な話ですけれども(笑)
ここまで濃い関係を築けるとは思っていませんでした。久しぶりに再会すると、まるで中高の友達に会った時くらいに分かり合っている間柄のように感じるんです。まだ会って1・2か月とは全然思えません。
後は、今の自分に足りていないものがわかったというのもあります。

―――――KINGのここがよかったという点があれば教えてください。
普通の生活の中では経験できない「濃さ」です!


――――では最後に、KING2010のコンテストに興味を持ってくれている人に対して一言

私は終わった後に、去年知っていればもう一回行くのに!って思ったんですよ。大学を入った時点でKINGに知り合えていたら、って。
KINGに触れるチャンスがあるのに応募しないのは、本当にもったいないと思います。
コンテストに参加することを諦めないで応募

――――そう言っていただけるととてもうれしいです!KING2010でも、どの参加者さんにもそう感じていただけるようなコンテストにしていきたいと思います。もし時間があれば今年も応募しいていただきたいですね。お待ちしております!

それでは次回もお楽しみに!


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| Written by 大貫 | 19:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://king2010.blog89.fc2.com/tb.php/143-d851411d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。