PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

ビジネス時事問題#7 ファミリーマートの戦略

皆さんこんにちは!  

学生のためのビジネスコンテストKING2010実行委員会広報局長、上智大学経済学部経営学科の松沼雄祐です。

テストが終われば春休みと言った兆しが見えて参りました。

さて、今回で7回目になりますがビジネスに関する時事問題を取り上げます。
今回はファミリーマートによるam/pmの吸収合併について書きたいと思います。

まずこのニュースをご覧ください。
【コンビニエンスストア大手のファミリーマートは23日、昨年12月に完全子会社化したコンビニ中堅、am/pmジャパンを吸収合併することを決めたと発表した。合併は3月1日の予定で、am/pmは解散する。仕入れや流通、管理部門を統合して効率化するのが狙い。am/pmの店舗名は「ファミリーマート」への転換を進める。(産経新聞)】
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/economy/convenience_store/?1264230167

セブンイレブン、ローソンに次ぎ、コンビニ業界店舗数第3位のファミリーマートが第6位のam/pmを今年3月に吸収合併すると発表しました。

ここでam/pmとファミリーマートの特徴をそれぞれ挙げます。

am/pmは牛角や土間土間を運営しているレックス・ホールディングスの傘下になっており、現在まで都心部の特にオフィス街を中心に出店してきました。
私は地下鉄などに乗って都心部に行くと良くam/pmを発見し、いつも「良い立地に店舗を構えているな」と思っていました。言われてみれば駐車場完備のam/pmはあまり見たことありませんよね?
しかし、その立地の良さ故のテナント料の高さが裏目に出て収益率が低いビジネスモデルになっていました。

一方ファミリーマートは伊藤忠商事の傘下になっており、全国的に幅広く展開している。(沖縄県では第1位)
ファミリーマートと言えばTカードやSUIKAの利用や最近ではイオングループのWAONまで利用できるようになりました。このような電子マネーやポイントカードの充実による顧客の囲い込みは成功していると思われます。

更にファミリーマートはサークルKサンクスの親会社のユニー株を保有していたり、ミニストップの親会社のイオングループとWAONで提携していたりと、今後もコンビニ業界の再編の動きがありそうです。

私たちが毎日のように利用するコンビニも水面下では激動しているということも知っておきたいですね。

それでは次回もお楽しみに!


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| Written by 松沼 | 19:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://king2010.blog89.fc2.com/tb.php/130-67877d35

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。