PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

ハロー効果

皆さんこんにちは!

学生のためのビジネスコンテストKING2010実行委員会、早稲田大学社会科学部の川崎です。

ビジネス用語コラム第7回目です。
今回はハロー効果について取り上げます。

ハロー効果とは…

ある対象(人物や物など)の評価を行う際、際立った特徴に影響され、他の特徴についての評価が歪められる現象のことを言います。ハローとは、「後光が差す」という時の後光のことで、光背効果、後光効果とも呼ばれます。ある特定の評価が高いと感じた場合に、別の項目も高く感じる「ポジティブ・ハロー効果」と、ある特定の評価が低いと感じた場合に、別の評価をも低く捉えてしまう「ネガティブ・ハロー効果」があります。

例えば、
英語ができることと、仕事ができることは本来、関係のないことでであるが、実際に確認などをせずに、英語のできる人を優れたビジネスパーソンであると評価する。(ポジティブハロー効果)

太っている人に対して「自己管理能力が低い」と断定してしまう。(ネガティブハロー効果)

などの具体例が挙げられます。

ビジネスの世界では人事評価において、無意識のうちに陥りやすい評価誤差として注目されています。

このようなビジネスにまつわる知識やフレームワークは抽象化することで私たちの実社会にも応用が可能です。

普段私たちも、友人を認識する際、その人の言動の中で特徴的な一面に影響されるあまり、その他の側面に対しても同じような固定観念で評価してしまうことはありませんか?

有名人やタレントを起用したCMや広告を見た際に、実際にその商品やサービスを使ったことがないにもかかわらず良いイメージをもつことがあると思います。それによって実際にその商品を購入した経験などもあるのではないでしょうか。

このような私たちの何気ない消費行動にもハロー効果は表れているのです。


これを防ぐためには、
・先入観や思い込みを排除すること
・一つの行動に対しては、一つの側面であると認識し評価すること
・日常の観察によって得られた客観的事実を元に評価すること

などの意識を持つことが重要です。

それでは次回更新もお楽しみに!



*上記記事は「ビジネス用語辞典Wisdom」(http://www.blwisdom.com/)の記事を参考・引用させていただいております。


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| Written by 川崎 | 19:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://king2010.blog89.fc2.com/tb.php/111-5305b060

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。