PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

ビジネス時事問題#4 ハブ化

皆さんこんにちは!

学生のためのビジネスコンテストKING2010実行委員、上智大学経済学部経営学科の松沼雄祐です。

今回で4回目になりますがビジネスに関するニュースを取り上げます。
今回は航空のハブ化について書きたいと思います。

現在、日本では空港の問題がとり質されています。
関東では羽田のハブ化 V.S. 成田、関西では関西国際空港 V.S. 伊丹空港 V.S. 神戸空港、更にはJALの問題と航空業界の話題は絶えません。

そこで今回は航空のハブ化について説明していきます・

まず、ハブとは何かと言うと、車輪の中心部にあって、スポークなどが集中する部分のことや、その構造のことを言います。ここではハブはその拠点となる空港で、スポークは空路となります。つまり、拠点空港から放射状に地方空港へ空路を設けるこうぞうのことです。

この方式を最初に導入したと言われる企業がFedEx(フェデックス)です。
FedExの創業者のフレデリック・スミスは既存の物流システムに問題意識を抱き、彼の通うビジネススクールでこのハブ化に関するレポートを提出したところ、教授にC評価をつけられたという逸話は有名です。
FedExはテネシー州のメンフィス国際空港拠点に、このハブ化を推進し大成功を収め、今では物流サービスの最王大手になっています。

このように既存のシステムに疑問やロスなどの問題意識を抱き、新しいビジネスモデルを考え出すだけで彼は一躍業界トップになりました。

皆さんの身の回りにもこのように誰も気づかないまま根付いているロスや矛盾があるかもしれません。ビジネスチャンスは常に身の回りにあるということですね。
皆さんもビジネスモデルを考えてみてはいかがでしょうか?

それでは次回もお楽しみに!


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| Written by 松沼 | 19:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://king2010.blog89.fc2.com/tb.php/107-af1d278d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。