2010年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

経営戦略#6

みなさんこんにちは!

学生のためのビジネスコンテストKING2010実行委員会、
慶應義塾大学総合政策学部2年松下悠史です。

最近は昨日と今日の温度差が10度近くになったりと、暮らしづらい日々が続いていましたが、ようやく暖かい5月が来そうです。


みなさん、「CS」や「ES」という言葉を聞いたことがありますか?
今日は顧客満足という言葉を取り上げたいと思います。

KINGでは参加者満足という価値を非常に大切にしています。参加者の皆さんに「KINGに参加して良かった」と言ってもらえるイベントを開催していることを誇りにしています。

では、いったいその参加者満足を作っているのは一体誰なのか。
言うまでもなく、実行委員会スタッフです。スタッフ一人ひとりが1年半という長い時間、妥協することなく全身全霊をかけて作るコンテストだからこそ、参加者に満足をしてもらえるものを作ることができます。

これは、一般企業にも言えることです。
顧客が満足するようなモノ・サービスを提供出来ているのは、企業の社員が全力でそのモノ・サービスを企画・展開しているからです。

では、企業が継続的に顧客を満足させることができるような価値を提供し続けていくには、どうしたらいいか。
ここで大事になってくるのが「CS(Customer Satisfaction)」「ES(Employee Satisfaction)」という概念です。
CSを作り出している社員。その社員に最高のパフォーマンスをさせるためには、社員が満足して精力的に活動していくことが大切です。

ESを作り出していく経営を考え抜き、実践していくことがこれからの企業には求められています。
社員が生き生きと活動できる会社をつくる。経営者には必須の価値観ではないでしょうか。


CS・ESという言葉を知っていただけたでしょうか。
それでは、次回もお楽しみに!
スポンサーサイト


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| Written by 松下 | 10:30 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。