| PAGE-SELECT |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

スタジオジブリとビジネス

こんにちは!
学生のためのビジネスコンテストKING2010実行委員会の
早稲田大学政治経済学部経済学科1年の中山亮平です。

ブログ初登場です!!!

本日は、最新作「借りぐらしのアリエッティ」が公開されたばかりの
スタジオジブリについてお話したいと思います。

スタジオジブリは世界が認めるアニメ製作会社です。
みなさんも「となりのトトロ」や「風の谷のナウシカ」、「もののけ姫」など
一度はスタジオジブリの作品を見たことがあるのではないかと思います。

ちなみに私のお気に入り作品はマイナーではありますが「海がきこえる」です。

 
さて、そんなスタジオジブリがトヨタ本社内に2009年春から
「西ジブリ」というスタジオもっていることをご存知でしょうか? 

スタジオジブリの公式サイトによると
ある日、鈴木敏夫プロデューサーらジブリスタッフが
トヨタ本社内の1人乗りモビリティ「i-REAL」開発現場を見学し、そこが

“町工場のような手作りと知恵に満ち溢れた現場”

であったことに宮崎駿監督が興味を持ち、
スタジオジブリがトヨタ本社に打診して実現したとのこと。

自前の建物を調達するのではなく、自動車開発現場で作業を行なうことによって
刺激と緊張感が得られると宮崎駿監督は考えたそうです。

スタジオではアニメーターの育成と
三鷹の森ジブリ美術館で上映する短編映画の制作を行っており、
宮崎駿監督やプロデューサーの鈴木敏夫氏をはじめとする本社の専門スタッフが
直に新人アニメーター指導を行うという本格的な試みです。


アニメの制作が人件費の安いアジアに委託されたり、
国内の若手クリエイターが体系的な指導をあまり受けられなかったり、
と業界的な問題がある中でスタジオジブリがアニメに携わる人の人材育成にとりかかる
というのは当然の流れなのだと思います。

ただその人材育成を自社だけで行うのではなく、
一見アニメとは関係の無い自動車産業とコラボレーションするという
今までに類を見ない新しい試みであるのは
さすがアニメ業界のカリスマ(笑)スタジオジブリといえるのではないかと思います。

トヨタ本社内で活動する「西ジブリ」からどんな作品が生まれてくるのか、期待したいですね。

スタジオジブリのこのような前衛的な試み、チャレンジは、
どんなビジネスにおいても大切なことだと思います。
私もこのような柔軟な発想ができる人間になりたいものです。

なんだかビジネスコンテストとは離れたお話となってしまいましたが
楽しんでいただけたら嬉しいです。

8月29日(日)の決勝プレゼンテーションの観覧者を募集しております。
近日中に応募フォームをWebサイトに設置する予定です。


では次回もお楽しみに!!



スポンサーサイト


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| Written by 中山 | 20:16 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。