| PAGE-SELECT |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

応募締め切り迫る!!

みなさん、はじめまして。

学生のためのビジネスコンテストKING2010実行委員、
一橋大学商学部一年の木村太郎です。
春にKING実行委員になった一年目です。

7月に入り、そろそろ梅雨も明けて本格的な夏到来ですね。

とうとう、学生のためのビジネスコンテストKING2010開幕まで
残り2カ月を切りました。
参加者の皆さんとコンテストで会うのが楽しみです。

先日の第二回東京説明会と交流会には多くの学生さんに
ご参加いただきました。本当にありがとうございました。
交流会では短い間でしたが、色々な方とお話しさせていただき、
私自身KINGスタッフとして、とても勉強になりました。

さて、その交流会で参加者の方から「参加するにあたって、
ビジネスの専門的な知識がなくても大丈夫?」という質問を
多く受けました。


今日は、この質問にお答えしたいと思います。


『ビジネスコンテスト』という名前を見ると、どうしても
ビジネスに関する知識がないと、勝負できないというイメージを
持ってしまう学生の方が多いようです。

特に経済・経営学部以外の学部の方や1年生の方は
ビジネスというものに触れる機会が少ないので、なおさらなのでしょう。
しかし、ビジネスコンテストKINGが対象を経済・経営学部に
限定はせず、全ての学生にしているのには理由があるのです。

みなさんが大学卒業後、社会に出れば、理系文系関係なく、
ビジネスに触れる機会は必ずあるということです。
それが起業などの分かりやすい形でないとしても。

つまりKINGの「仮想ビジネス空間」で得られる経験は
全員に共通して、将来につながるのです。

ちなみにKING実行委員の中にも、大学ではデザインの
勉強している人からショウジョウバエについて勉強している人まで
様々な人がいます。

一つのことを極めるのもいいですが、視野を広げて、
いろんな可能性を探ってみるのも、自由の多い学生ならではの
特権であるように思います。

そうとはいえ、やはりコンテストではビジネスプラン策定を
していただきますので、知識が全くないと厳しいのは事実です。
ですので、ビジネスコンテストKINGでは必要となる知識を
身につけていただくために様々なコンテンツを用意しています。

その中のいくつかを紹介させていただきます。

まずコンテスト前に送らせていただく、プラン策定の
ノウハウがつまった、ビジネスプラン策定マニュアルです。
これを読めば、基本的な知識は得られるでしょう。

その知識を持ったうえで、コンテストの1日目、2日目は
PreKINGというものに挑戦していただきます。

これは凝縮されたビジネスプラン策定を実際に経験して、
知識を体系的に、実践的に使えるようにすることが目的です。
各チームが作ったプランに対して社会人の方からのフィードバックの
機会も設けています。


このようにKINGは専門的知識のない学生の方にも
参加していただけるビジネスコンテストなのです。


実際、昨年度の参加者のうち、経済・経営系の学部は
全体の約50パーセントで、半分は文系その他の学部・理系の学生でした。
ですので、知識面を不安に思っている方も安心して
参加していただきたいと思います。
ビジネスコンテストKINGで異分野の学生と交流することも
貴重な経験となるでしょう。


7月4日の応募締め切りが近づいてきました。
あと3日です!!

応募方法は選考課題を解いたうえで以下のページから。
選考課題と応募


みなんさんのご参加お待ちしています。

8月22日、オリンピックセンターでお会いしましょう!
スポンサーサイト


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| Written by 木村 | 19:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。