| PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

Day7レポート

皆さんこんにちは!
学生のためのビジネスコンテストKING2010実行委員、
慶應義塾大学文学部の石田珠実礼です。


ぐっと気温が下がり冬の匂いを感じる今日このごろですが、
皆さんいかがお過ごしでしょうか。
本日はコンテスト最終日、Day7の様子をお伝えします!


Day7(8月29日)

この日はいよいよプランの発表です。
熱い熱い7日間はこの日のためにありました。

まずは4ブロックに分かれて予選プレゼンテーションが行われます。
今後20年の社会の変化の予測。そのうえでのビジョンの設定。
自分達は未来の社会をどう変えていくのか。
緊迫した空気の中、7日間の120人の様々な想いがぶつかり合います。

午後からはいよいよ決勝プレゼンテーションです。
各ブロックの中で最も優秀だった1チームが決勝に駒を進めます。
プレゼンをする4チームはもちろん、惜しくも予選敗退した16チーム、
400名超の観覧者、KINGスタッフも期待や不安を胸に臨みます。

決プレ


閉会式ではPreKING優秀賞の発表や
プレプレ

準優勝チームの発表
マーチン

そして優勝チームの発表等が行われました。
消すとロール


この7泊8日で得られたもの、感じたこと、それは人それぞれだと思います。
ですが、どんな形であれ、KING2010という空間が
参加者の皆さんの心にこれから先ずっと残っていくものであればと願っています。


『世界を動かさんと欲する者は、まず自ら動くべし。』
古代ギリシャの哲学者、ソクラテスの言葉です。

安定志向や閉塞感が渦巻く現代社会に問題意識を感じ、
「野心的にビジネスに挑め」
というコンセプトを掲げ、KING2010はこの1年間走り続けてきました。

8月22日~8月29日という短い期間ではありましたが、
この7泊8日が参加者の皆さんに何らかの変化をもたらし
現代社会の安定志向や閉塞感を打破する
ネクストビジネスチャレンジャーの輩出の端緒となる、
そんな7泊8日であればと思います。


また、コンテストを経験して
「学生のためのビジネスコンテストKING2010」という団体が
どれだけ多くの皆さまに支えられていたのか
改めて実感することができました。

120名の参加者の皆さま
協賛企業の社会人の皆さま
KING2010を支えてくださった全ての方に
この場を借りて御礼申し上げます。

8月29日をもってKING2010は終了し、
来年のコンテスト(8月27日~9月3日)に向けてKING2011が始動いたしました。
私自身、これからはKING2011スタッフとして
来年のコンテスト成功のために精一杯頑張っていきたいと思います。

KING2011は常に上を目指し、スタッフ一丸となって邁進していきますので、
これからもよろしくお願いいたします。


スポンサーサイト


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| Written by 石田 | 10:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

Day5&6レポート

皆さんこんにちは!
学生のためのビジネスコンテストKING2010実行委員、
慶應義塾大学文学部の石田珠実礼です。


10月に入り、肌寒い季節になりました。
秋の訪れを感じますね。
今年も残るところあと3カ月。
私がKINGに入ってからコンテストまでの期間と考えると、
2010年もすぐに終わってしまうんじゃないかと寂しくなったり、
今年中にまだまだ色んなことができるなとわくわくしたりします。


さて本日はDay5&6のレポートです!


Day5(8月27日)


この日はコンサルティングタイム2があります。
プランに関して社会人の方にアドバイスをいただける最後の機会です。
各テーブルでは様々な議論が飛び交います。

day5コンサル


より良いプランを作るためのヒントを得て、参加者の皆さんは夜も戦略策定を続けます。
Day5ともなると、疲労もかなりのものです。

そんな皆さんが安らげる場所として設けられた部屋があります。
その名も「QUEEN」
Day5はQUEENの最終日です。写真のようにとても楽しい空間でした。

day5クイーン


Day6(8月28日)


戦略策定をするのもこの日で最後です。
企画書提出時刻が近づき、緊迫した空気が流れます。

day6企画書提出

夜のコンサルティングタイム3では、実際にパワーポイントを用いて発表し、
主に発表の仕方に関するアドバイスを社会人の方にいただきました。


いよいよ明日は最終日。

参加者の皆さんにとっては1週間の集大成。
KING2010スタッフにとっては1年間の集大成。
果たしてどのような1日になるのでしょうか。

次回はDay7の様子をお伝えします。
お楽しみに!


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| Written by 石田 | 21:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

Day1&2レポート

皆さんこんにちは!
学生のためのビジネスコンテストKING2010実行委員、
慶應義塾大学文学部の石田珠実礼です。

時が経つのは早いもので、コンテスト終了から約3週間が経ちました。
夏休みも残るところあと少しですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

長い間ブログの更新が滞ってしまい、申し訳ありませんでした。
だいぶ間が空いてしまいましたが、
本日は前回の続き、Day1&2の様子をお伝えします!


Day1(8月23日)

朝、緊張の面持ちで会場に現れた120名の参加者。
彼らが立ち向かう第一関門は PreKINGプレゼンテーション

Day0に発表された
「ストーンペーパーを用いた新たな製品の企画販売戦略を立案せよ」
というケース課題に対するプランの発表です。

KING2010に惹かれ、偶然同じチームになった6人。
出会った当日からのプラン策定。
戸惑いは多いけれど、これから始まる怒涛の1週間に勢いをつけたい。

prepre.png

期待と不安が渦巻く中で各チームが精一杯のプレゼンテーションを行いました。

第一関門を乗り越えて一息つきたいところですが、KING2010の本番はここからです。
彼らを待ち受ける最大の関門は午後に控えています。

午後の開会式で今年のケース課題が発表されました。

ケース発表


早くもチーム内で議論が始まります。
セミナーを受け、夕食とった後、いよいよ本格的な戦略策定の開始です。

前日の疲れから早めに就寝するチームや白熱した議論を繰り広げるチームなど、
その状況はさまざまです。
こうしてDay1の夜は更けていきました。


Day2(8月24日)

この日は1日中、戦略策定です。
ケース課題発表後初のまとまった時間とあって、議論にも熱が入ります。

2戦策


各チーム、翌日のサマリー提出・コンサルティングタイムに向けて
懸命に戦略策定を行います。
宿泊棟に戻ってからも議論は続き、Day2の夜も更けてゆきました。

この夏、もっとも熱い1週間の序盤戦!
KING2010の熱気は伝わったでしょうか?

次回の記事ではDay3&4の様子をお伝えします。
お楽しみに!




※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| Written by 石田 | 12:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

過去参加者インタビュー

皆さんこんにちは!
学生のためのビジネスコンテストKING2010実行委員、
慶應義塾大学文学部の石田珠実礼です。

ついにコンテスト開幕まであと5日です!
スタッフ一同、コンテストへのはやる気持ちを抑えられずにいます。
そして、参加者・観覧者の皆さんも同じような気持ちであったら嬉しいな、と思います。


今年で15回目を迎える「学生のためのビジネスコンテストKING2010」
15回という数の裏には14回の歴史、積み重ねがあります。
KINGという学生団体を立ち上げ、運営し続けてくださったスタッフの方々
KINGに協賛・協力してくださる社会人の方々
KINGに参加してくださる方々など
多くの人の支えがあってこそ今のKINGが存在します。


そこで本日は「過去参加者の声」をお送りします。
今回で3回目となりますが、KINGを通して感じることや得るものは
人それぞれですから、今年のコンテストに関わるすべての方に
前回とは異なる何かを与えてくれるのではないでしょうか。


今回協力してくださったのは
KING2009の参加者で、中央大学法学部2年の鈴木智香子さんです。


それではスタート!


---昨年、KINGに参加しようと考えた動機を教えてください。

「ビジネスという視点から世界を見てみたい!」
と思ったことが1番の動機です。私は法学部ということもあり、
普段は法学という視点から物事を考えていたのですが、
自分自身の中の世界を広げたいと思い、参加を決意しました。


---KINGに参加して、鈴木さん自身変化はありましたか?

ありました。約1週間ビジネスという視点から世界を見ていたことによって視野が広がり、
さらには多面的な物事の考え方ができるようになったと思います。
また、初対面チーム制によってコミュニケーション能力も養うことができました。


---決勝プレゼンテーションにはどのような気持ちで臨みましたか?

私はプレゼンターを担当したので、
約1週間チーム6人全員で無我夢中になって考えたプランを
いかにして社会人の方に理解して頂けるようにプレゼンするか
ということに集中して臨みました。


---決勝プレゼンテーションで一番印象的だったことを教えてください。

どのチームのプランも非常にハイレベルに仕上がっていたことはもちろんですが、
質疑応答のレベルの高が印象的でした。相手の質問の意図を的確にとらえたうえで、
いかに論理的に説明し、相手を納得させるかというスキルの高さにとても驚かされました。


---今年KINGに参加される皆さんに一言お願いします。

KINGで得られるものは無限です。
皆さんが準備していった分だけ、自分自身に還元されると思います。
ぜひ熱心に予習していって、より多くのものを得てほしいと思います。応援しています!!


鈴木さん、ありがとうございました。


KINGに参加することを通して視野が広がり、
コミュニケーション能力も養われたとのことでした。
「準備していった分だけ、自分自身に還元される」
という言葉は今年参加する皆さんには、貴重なアドバイスではないでしょうか。


昨年の決勝プレゼンテーションではプレゼンターを担当した鈴木さん。
7泊8日の頑張りを単なる企画書提出ではなく
プレゼンテーションで観覧者や審査員の方々に伝えなければならない
というのもKINGの難関であり、魅力ですね。

たとえ同じプランでもプレゼンテーションの仕方でプランの印象は大きく変わってきます。
学生だからこその熱いプレゼンテーションも多く見られることでしょう。

引き続き8月29日(日)の決勝プレゼンテーション観覧者募集を行っております。
少しでも興味のある方は是非お越しください。
詳細・お申込みはこちらから
観覧募集のお知らせ

それでは次回の記事もお楽しみに!





※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| Written by 石田 | 19:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

過去参加者インタビュー

皆さんこんにちは!
学生のためのビジネスコンテストKING2010実行委員、
慶應義塾大学文学部の石田珠実礼です。


ついに8月に突入しましたね!
期末試験も終わり、皆さん思い思いの夏休みを満喫されていることでしょう。
スタッフはと言えば、19日後に迫るコンテスト本番にわくわくしつつ、
着々と準備を進めている最中です。

コンテスト本番が近づいて、今年初めてKINGに参加される方は特に、
今年で2回目、3回目の方も、それぞれに期待や不安を抱えていることと思います。
そこで本日は「過去参加者の声」をお送りします。

今回はKING2009参加者、大阪大学工学部4年の平本将久さんにお答えいただきました。
過去に参加された方の言葉はきっと、KING2010参加者の皆さんだけでなく、
観覧に興味のある皆さんなど、多くの方にとって有意義なものとなるでしょう。


それではスタート!


---平本さんは、なぜKINGに参加しようと思ったのですか?

友人から、
『おもしろい』『おもしろい人がたくさんいる』から行ってみたら?
と言ってもらったから。


---KINGに参加して得たものを教えてください。

ビジネスプラン作成の流れ。
自分考え方の特徴を知れた。
プライド高いやつはカッコ悪いと間近に感じられた。
分析力。
友達。


---コンテスト中は、どのようなことを考えて1週間を過ごされましたか?

副リーダーをしていたのもあり、どうしたら皆が仲良くなれるかな?
どうしたら、信頼しあえる関係を作れるかな?
どうしたら、楽しくできるかな?
勿論ビジネスプランも考えていましたが、上のことの方をより考えていました。


---決勝プレゼンテーションはどのような雰囲気でしたか?

厳か。
どちらかというと、ピリピリしていると思った。


---決勝プレゼンテーションの魅力とはどんなところでしょう?

自分たちのブロックから、代表がでている。つまり、内容もレベルの高さも知っている。
知っているだけに、他のブロックの所が気になるし、ワクワク楽しみでもあるところ。


---今年KINGに参加されるみなさんに一言お願いします。

根詰めては、いいアイディアは生まれません。
適度な休憩をし、足を動かし、皆で楽しんで本気で取り組み、
『これは、世のためになる!!』というプランを作ることを祈っています。
ありがとう 。


平本さん、ありがとうございました。

ビジネスコンテストでありながら、KINGを通してチームの絆や仲間とのやりとりなど、
ビジネス以外の面で収穫や成長があることもKINGの魅力なんですね。

そしてKING2010、7泊8日の集大成ともいえるのが
8月29日(日)の決勝プレゼンテーションです。
平本さんは「厳か」かつ「ワクワク楽しみ」と表現してくれました。

決勝進出チームが最後まで死力を尽くすのはもちろんのこと、
7泊8日を戦い抜いた全チーム、審査員、スタッフ、
協賛企業の社会人の方を含む500人の観覧者
を合わせた約700人が固唾をのんで勝負の行方を見守ります。

このような機会は滅多にありませんし、
観覧の皆さんに良い刺激・良い出会いをもたらすことは間違いありません。
是非、8月29日(日)の決勝プレゼンテーションにお越しください。

決勝プレゼンテーション観覧のお申し込み・詳細はこちらから。
決勝プレゼンテーション観覧のお知らせ


それでは次回の記事もお楽しみに!

よかったら下の「学生ブログRANKING」をクリックして投票お願いします。


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| Written by 石田 | 19:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。