| PAGE-SELECT |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

嘘つきのパラドクスー記号論理学の視点から―

皆さんこんにちは!

学生のためのビジネスコンテストKING2010学生対応局員、東京大学教養学部文科二類1年の藤田周です。

今日は、「嘘つきのパラドクス」という問題についてお話したいと思います。
一般には、「クレタ人のパラドクス」とも呼ばれる命題です。
ご存知の方も多いと思いますが、
以下にwikipediaの記述を転載します。



自己言及のパラドックスの古典として知られるのが、次の嘘つきのパラドックスである。

“ 「クレタ人は嘘つきである」とクレタ人が言った。 ”

なお、この発言をしたクレタ人はエピメニデスであるとされる。

ここでクレタ人(エピメニデス)自身が「クレタ人は嘘つき」と言及しているため、パラドックスが発生してしまう。すなわち、

1.「クレタ人は嘘つきである」が本当なら、クレタ人であるエピメニデスも嘘つきであるはずで、従って「クレタ人は嘘つきである」という発言も嘘でなければならない。
2.しかし「クレタ人は嘘つきである」が嘘なら、クレタ人であるエピメニデスも正直者である事になる。従って彼の「クレタ人は嘘つきである」という発言も本当でなければならない。

(原文では「・」で書かれていたところを、説明の都合上番号を振りました。)



ご覧の通り文章に言及する文章が矛盾をはらむことがある、という例です。
しかし、本当にここに矛盾が存在するのでしょうか。

ここで、記号論理学の考え方を導入してこの問題について考えてみたいと思います。
記号論理学、とはセンター試験で数学を使った人にはなじみ深い考え方かと思いますが、
ある命題を「裏」や「逆」、「対偶」などを使って数学的に考える学問です。

その考えを使うと、このパラドクスには論理の致命的な欠陥があることがわかります。



「クレタ人は嘘つきである」という発言が嘘であるときのその意味、
つまり「クレタ人は嘘つきである」という命題の「裏」の意味は、
「クレタ人は嘘つきである」ではなく
「クレタ人は嘘つきであるかもしれないし、嘘つきでないかもしれない」なのです。
「嘘つきではないひと」は「正直者」だけではなくて、
「基本的には正直者だけど、たまに嘘をつくひと」や、
「基本的には嘘つきだけど、たまに正直者なひと」も含まれています。

これは、A、B、Cという3つの選択肢があったとき、
「Aではない」という命題が、
「Bである」ということではなく
「Bであるかもしれないし、Cであるかもしれない」ということを示すのと同様です。

このように考えて上の引用の一部を書きなおすと、

1.「クレタ人は嘘つきである」が本当なら、クレタ人であるエピメニデスも嘘つきであるはずで、従ってクレタ人は嘘つきであるかもしれないし、嘘つきでないかもしれない。
2.一方、「クレタ人は嘘つきである」が嘘なら、クレタ人であるエピメニデスは嘘つきであるかもしれないし、嘘つきでないかもしれない。

のようになり、
全く矛盾は発生しません。

このように人間は簡単に論理の罠にはまってしまうことがあるのです。
身近な場所でも間違った論理に騙されてしまわないように気をつけたいですね。

次回は、クレタ人のパラドクスを別の視点から考えてみたいと思います。
それでは次回もお楽しみに!
スポンサーサイト


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| Written by 藤田 | 19:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

新聞というビジネスモデル

皆さんこんにちは!

学生のためのビジネスコンテストKING2010学生対応局員、東京大学教養学部文科二類の藤田周です。

今日は新聞というビジネスについてお話したいと思います。

先日テレビでNHKの1月12日放送「クローズアップ現代 変わる巨大メディア・新聞」という番組を見ました。
大まかに言えばその番組で伝えられていたのは、
現在の新聞はネットの新聞サイトの利用増加や世界同時不況のあおりを受けて苦しい経営状況に置かれており、
そのような状況の中でも真実を報道すると言う報道の使命を果たし続けるために、
新聞業界には新たなビジネスモデルが求められる、
ということでした。
このようなことは皆さんもご存じかと思います。

私はこの番組を見ていて村上龍の「希望の国のエクソダス」という本を思い出しました。
その本の中では、
全国に散らばった中学生達が自分たちで様々な事件を取材して記事を書き、
インターネットのニュースサイトや、大手海外新聞に提供して成功を収める、
というシーンがあったと記憶しています。
私はこの番組を見ていて、
これからの新聞が目指すべきなのはこのようなビジネススタイルなのかもしれない、
と思ったのです。

ジャーナリストの佐々木俊尚さんによると、
メディアによる情報配信は「コンテンツ-コンテナ-コンベヤ」の三層構造になっているそうです。
新聞で言えば、コンテンツとは新聞記事、コンテナとは紙面、コンベヤとは販売店のことであり、
テレビで言えばコンテンツとは番組、コンテナとは広告を挟んだり番組表を編成するテレビ、コンベアとは地上波のことです。
新聞ではコンテンツとコンテナが一体化していることが多いのでわかりにくいかもしれませんが、
この三層構造の中で一番利益を挙げているのは一般的にはコンテナの部分なのです。

そのような見方をすると、現在の新聞業界の変化は、
これまでずっとコンテナの位置を占めてきた「紙面」が、
その位置を「インターネットのニュースサイト」などに脅かされているのが原因なのだと考えられます。
それならば、現状のビジネスモデルのままでは新聞の衰退は仕方ないのかもしれません。

かといって、従来通りの新聞というビジネスが成り立たなくなったとしても、
新聞が担ってきた「権力の監視」、「正確な情報の提供」という役割がなくなってよいはずはないのです。
これらは健全な民主主義、そしてそれを含む社会制度全体を維持するために必要な役割なのです。
私が見た番組によると、実際にアメリカのある都市では、
地方紙が廃止に追い込まれてしまい全国紙のみが配布されるようになった結果、
地方の情報が十分に提供されなくなり、
その周辺では選挙での投票率が低下する等の影響があったそうです。

ならば、やはり新聞はインターネットのニュースサイトに「コンテナ」の位置を譲渡し、
「コンテンツ」に自らの位置を変えるべきなのではないでしょうか。
いくら「コンテナ」としての位置を脅かされようとも、
現在まで新聞の「コンテンツ」としての価値は揺らいでいないはずです。
実際、インターネットのニュースサイトに掲載されている記事のほとんどが新聞が提供しているものです。

これは、新聞社の通信社化と言えるのではないでしょうか。
そして、それは「希望の国のエクソダス」で中学生達が行っていたビジネスと同じ形なのです。
もちろん「コンテンツ」に立場を移したところで
「コンテナ」として一番大きな利益を得ていた今まで通りの規模で経営を続けるのは難しいのかもしれません。
しかし従来から新聞が提供してきたような役割を果たし記事を提供し続けるには、
これしか方法がないように思われます。
おそらく、数年のうちにこのようなビジネスモデルを採用した新聞社が現れるのではないでしょうか。

それでは、次回もお楽しみに。


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| Written by 藤田 | 19:00 | comments(-) | trackbacks:1 | TOP↑

日本にピアスはいくつあるか

皆さんこんにちは!

学生のためのビジネスコンテストKING2010実行委員、東京大学教養学部文科二類の藤田周です。

今回からも、フェルミ推定の実践的な問題をこなしていきたいと思います。
皆さんも是非とも挑戦してみてください。
今日のお題は「日本はピアスにいくつあるか」です。(出典:東大ケーススタディ研究会「現役東大生が書いた フェルミ推定ノート」2009年)
前回と同じように、ネットなどで調べたりしてはいけません。
それでは下に解き方の一つの例を載せておくので、
自分で解き終わった方からスクロールしてみてください。
ただし今回は正確な個数というものが数値化されて存在していなかったので、
ロジックだけの正しさを考えていくことになるので注意してください。





<解き方の例>
1. ピアスの個数=耳に付けるピアスの個数 と定義する。
日本全体規模で言えば、耳以外(舌や鼻など)にピアスをつけている人の人数は小さく無視しても構わないだろうと思われるため。
2. 日本全体の人口を、男女と、10歳ごとの年齢により区切って0歳代から70歳代まででセグメントする。それらのセグメントの人数をほぼ同じと考えると、各セグメント当たりの人口は、
日本全体の人口1億2000万人/男女2通り/年齢別8通り=750万人
となる。
3. ピアスを持っているのは20歳代から50歳代の女性であろうと推測する。
理由
a. ピアスをしている男性はこの規模の計算で有意になるほど存在していないだろうと考えられる
b. 60歳代以上の女性にはピアスという文化があまり浸透していないだろうように思われる
c. 一方、それ以下である程度年齢層の高い人々は、現在付けることはなくても昔買ったピアスを所持していると考えられる
この中で約3人に1人程度がピアスを持っているだろうと推量すると、
ピアスを所持している人の人数は、
1セグメント750万人*20歳代から50歳代女性の4セグメント*所持率3分の1=1000万人
程度であろうと見積もる。
4. ピアスを所持している人は、一人当たり5セット、つまり10個のピアスを所持していると推量すると、日本にあるピアスの個数は
1000万人*10個=1億個 であろうと見積もられる。


みなさんの答えは何個くらいになりましたか。
参考にした本では、私と同じ解き方で、設定した所有セグメントや所有個数などの違いにより2100万個という答えになっていました。
この答えの数値の違いには、論理力というより生活感覚や常識というものが反映されることもあるのかもしれませんね。

今回も楽しんでいただけたでしょうか。
次回も私達と一緒に地頭力を高めていきましょう!!

それでは次回もお楽しみに!





※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。
応援よろしくおねがいいたします。

大学生ブログランキング


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| Written by 藤田 | 19:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

琵琶湖の水は「何滴」あるか

皆さんこんにちは。

学生のためのビジネスコンテストKING2010実行委員、東京大学教養学部文科二類の藤田周です。

今回からは、フェルミ推定の実践的な問題をこなしていきたいと思います。
皆さんも是非とも挑戦してみてください。
今日のお題は、琵琶湖の水は「何滴」あるかです。(出典:細井功「地頭力を鍛える」、2007年)
ルールは、ネットや本などで情報を探さないこと、3分以内に解くこと、です。
あくまで大事なのはロジックなので、細かい数字にこだわらずに算出方法を意識して問題に取り組んでください。
以下に解答を示すので、解き始めてから3分経過後にスクロールしてください。







模範解答例
1. 琵琶湖の水滴数を求める式を、
琵琶湖の水滴数=(琵琶湖の表面積*平均水深)/水滴の体積
とモデル化する。
2. 琵琶湖は日本最大の湖であること、その名の通り琵琶のような形をしているだろうことから、表面積を30km*50kmの長方形の半分程度と推定する。
3. 水深は、それほど急峻でない周囲の地形や、中に島があること、日本最深の湖が水深400m程度であることから、50m程度と推定する。
4. 水滴を半径2mm程度の球形と推定する。
5. これらのことより、水滴数≒1*10^17個
6. 出典によると、正確なデータに基づいて計算した結果は 水滴数≒7*10^18個 となり、上記計算との誤差は一桁以内になっていた。よって計算過程、数字の概算は以上のようで正しいと考えられる。

以上が模範解答例です。
私はモデリングの方法は模範解答と同じだったのですが、
各数値の概算の誤りが大きかったため8*10^14個となってしまいました。
皆さんはいかがでしたか。
偶然にも私は解答例と同じ方法で解答しましたが、
もちろん、必ずしもこのモデリングの方法で解く必要はありません。
みなさんなりに、ロジックの通った算出方法を考え出すことができればよいのです。
大事なのは、定型的に考えることではなく、自分の頭を上手に使うことなのですから。

みなさん、今回の問題は楽しんでいただけましたか?
次回も私達と一緒に地頭力を高めていきましょう。



※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| Written by 藤田 | 19:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

ビジネスと社会的スキーマ

皆さんこんにちは!

学生のためのビジネスコンテストKING2010実行委員、東京大学教養学部文科二類の藤田周です。

このシリーズでは、ビジネスというものを社会心理学の観点から分析してみたいと思います。

社会心理学とは、
「人間の社会的意識や行動を、社会的環境や条件との関連で分析し理論化しようとする社会科学の一分野(デジタル大辞泉より)」
のことです。
今回はビジネスと外見の関係について述べます。

ビジネスの場面においてはもちろん、それ以外での場面でも自分の身なりに気をつけるのは人としての基本的なマナーであるとされています。
よれよれのスーツと染みのついたシャツを着て、かみが寝癖のままの人より、
きちっとしたスーツとアイロンをかけたばかりのようなシャツを着て、髪型もきちんとしている人の方が好印象を与えることができる、
そのようなことは私達も実感としてわかっていると思います。

ではなぜこのようなことが起こるのでしょうか。
それは「人間は美しい人は人柄もよい、というステレオタイプを持っているからだ」
と考えたディオンという科学者は、1972年に以下のような実験を行いました。

実験参加者である大学生男女各30人に、まずは同年齢の男子、または女子の写真を3枚ずつ渡します。
このそれぞれの写真の人物の外見は「魅力的」「普通」「魅力的でない」と評価されることがあらかじめ調べられています。
その後参加者にはそれぞれの人物に関して、
性格の好ましさや、将来の職業的地位の高さなどについて予想を行ってもらいます。
すると「魅力的」と評価されていた人であるほど、
好意的評価をする質問項目の得点が高いことがわかりました。
人間には外見と内面を結び付ける性質があるのです。

このように、ある人間の社会的特徴と、その人の内在する性質を結び付ける人間の思考の枠組みを社会的スキーマと呼んでいます。
このような社会的スキーマはある人物に関して誤った判断を下してしまうことがある半面、
ある人物を判断する際の不安や認知的負荷を軽減する役割を担っているのです。

以上で示してきたように、
人間には初対面の他人を外見で判断するような社会的スキーマが仕組まれています。
科学的にも、身なりを整えた方が相手に好印象を与えると言うことが証明されているのです。
みなさんもこれを機に、普段の自分の身なりがキチンとしているか見直してみてはいかがでしょうか。

それでは次回もお楽しみに!


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| Written by 藤田 | 19:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。