| PAGE-SELECT |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

自分を知る

皆さんこんにちは!

学生のためのビジネスコンテストKING2010実行委員、慶應義塾大学経済学部の荒川彩絵です。

ビジネスは他人と一緒に行うことが非常におおいわけですが、他人を知る前に、自分を知らないことには、何もはじまらない!

ということで、今回は自己分析に焦点をあててみたいと思います。
私がご紹介するのは、エゴグラムと呼ばれる自己分析の方法です。
就活の際にも参考使われており、心理学の分野でも大変有名なものなので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

エゴグラムでは、50~100程度の質問に「はい」と「いいえ」で答えるだけで分析することが可能です。
エゴグラムでは、人が誰でも持っているといわれる5つの性格の傾向の強弱とバランスを調べることができます。
5つの性格は、簡単にいうと、
NP:厳しく、しっかりしている父親
CP:優しく、ちょっと甘い母親
A:合理的な大人
FC:自由奔放な子供
AC:協調性のある子供。いわゆる「良い子」
となり、傾向が強いほど、この像にあてはまりやすいといえるわけです。

実は皆さんは日常会話でも、無意識にこの5つの性格のどれかを示しています。
たとえば、出席20%・レポート30%・テスト50%で、50%とると単位がくる、という授業があったとします。
あなたは友人にこういったとします。
「おれさー、全然出席してないし、レポートの出来もいまいちだったんだよな。単位くるかな?」
友人がNPだと・・・
「おい、あの授業は出席すれば、レポートとテストを少しがんばれば、確実に単位がくるんだ。なんで授業に出ないんだ」
と叱責されます。
CPだと・・・・・・・
「まだテストがあるし大丈夫だよ。ノート、貸すからがんばろうよ」
と助けてくれます。
Aだと・・・・・・
「お前、何回出席したんだ? 全然とは言っても、少しは出ただろ。レポートは出せば15%は確実にもらえるらしい。あとは、テストで~点とれば単位がくる」
ととても合理的な意見がもらえるわけです。もし、その時点で単位はほぼ来ないと確信したら、「これは捨てて、別の教科をがんばれよ」というかもしれません。
FCだと・・・・・
「大丈夫、大丈夫。俺も全然出てないんだー! どうにかなるって。それよりさ、これから遊ぼうぜ」
と楽観的なことを言われ、きっと強引に遊びに連れて行かれることになります。
ACだと・・・・・・
「私も。一応それなりに出席はしてるし、レポートも出したんだけど、評価が分からないし、単位来るか心配なんだよね・・・・・・」
と同意してくれるのですが、その実、ACの人はきちんと対策を練り、テストもちゃんと勉強し、良い評価を得ているのです。

というように、こんな簡単な会話だけで、5つの分類がはっきりと見えてくるわけです。
エゴグラムで分かるのは、自分にとってのこれら5つの使いやすさです。
皆さんも日常の会話が5つの発言のどれなのか、考えてみると対人関係もおもしろいかもしれませんね。
また、使いやすさと使う頻度は比例していくわけなのですが、同じものばかり使っていてもダメなときがある、というお話を次回したいと思います。

それでは次回もお楽しみに!




スポンサーサイト


※学生のためのビジネスコンテストKING2010は以下のランキングサイトに登録しております。応援よろしくおねがいいたします。


大学生ブログランキング

| Written by 荒川 | 19:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。